本日は17:00からTsukuba Place Lab にて「夜のゲーム会#6 ゲームマーケットに行ってきた」が開催です。
以前からゲームの紹介記事を書こうとは思っていたのですが、なかなか進まずにいました。
一つ目のゲームはこれにしようと前々から決めていたゲームがあるので、今回はその紹介記事を書きます。
とっても簡単なルールで、ひどく悩ましいゲーム、ペンギンパーティです!

作品:ペンギンパーティ / Penguin Party
発表年:2015(原版2008)
作者:Reiner Knizia
国:ドイツ
人数:2~6
時間: 15分
対象年齢: 6歳~
難易度:かんたん
コンポーネント:ペンギンカード5色36枚、シャチチップ36枚

CIMG0183

遊び方
全員に同じ枚数ずつカードを配りきる。
各手番にカードを一枚ずつ出していき、最大8段のピラミッドを作ります。一番下の段であれば、既にあるカードの隣におき、2段目以降は2枚のカードの斜め上におきます。2段目以降におけるカードは下の二枚のいずれかの色のみのため、上の段になるにつれて置けるカードが減っていきます。カードを置けなくなったら脱落で残った枚数がマイナス点になります。これで1ラウンド終了です。
プレイ人数と同じ数だけラウンドを繰り返しマイナス点の少ない人が勝ちになります。

CIMG0754

ココが面白い―初めて遊ぶ方へ―
まずは一度やってみてほしい。手番が進むうちに置けなくなる色が出てきます。どうしたら色を残せるか考え始めると、ゲームがどんどん面白くなっていきます。終わった後に互いの手を確かめてみると、意外な発見があることも。1ゲームが短く、もう少しで勝ち方がわかりそうな気がして、なんどもやりたくなります。
ゲームを楽しんだ後はカードをもう一度よく見てみてください。実はこのペンギンたち同じ色でも少しずつデザインが違うのです。かわいいペンギンたちで間違い探しをするのもきっとおつなこと。

CIMG0188

勝負へのこだわり―負けず嫌いなあなたへ―
5色をおなじくらいずつ残すか、色を傾けてしまうかというのが、最初の考えどころでしょうか。完全に5色残すと、全て置ききるのは難しくなりますが、マイナス点を低く抑えられる可能性が高い。一方で色を傾けてしまう場合、全力で自分の色をサポートし他の色を邪魔していくことになります。うまくいけば一人勝ちもあり得ますが、相手にばれれば大きな負債を抱えてしまう可能性もあります。
戦略の重要な一手は、最下段の8枚をいかに並べるかにあるかもしれません。8枚の中に4色しか並べなければ、残りの一色は序盤のうちにマイナス点が確定することになります。また、ピラミッドの端に追いやられたカードは生き残りが厳しくなる傾向にあるようです。
ただ、このゲームは人数によって雰囲気がだいぶ変わります。2人で遊ぶ場合に相当な読み合いになることがある一方で、5-6人で楽しむ場合はいくら相手を読んでもどうしようもありません。互いの一手に一喜一憂する表情豊かな人がいるととても楽しいはずです。3-4人の場合は適度な戦略と感を武器にしながらも、想定外なことも度々起こります。乗り越えることができると嬉しいかもしれませんが、時にはあきらめも肝心です。どうしようもないこともあるのです。


夜のゲーム会 2017_02_20_28