2018年02月

こんにちは。
まさです。
2/17(土)は日本のボードゲームの世界において歴史的な1日となりました。中学生が6段になった。
この日、我々は「グロビ会―日出づる処でオコゲ、日没する頃までボドゲ―」というイベントを開催していたため藤井五段の雄姿を見ることはできませんでしたが、イベントには多くの留学生が来場して大満足の1日となりました。
参加者は24名。運営が5名で合計29名でした。40名くらいを想定していたのですが、開催後の感覚としては、参加してくれた留学生にも満足してもらって、1回目にしては非常によくできたかなと思っております。留学生が半分くらいだったかな。

プレイしたゲームを記録し忘れたので、覚えている範囲で書いておきます。
・エコノミカ
・お邪魔者
・おばけキャッチ
・おばけパズル
・ガイスター
・海底探検
・カルカソンヌ
・クアルト
・クイズいいセン行きましょう
・けん玉?
・交易王
・コリドール
・スパイウェア
・ダイスキングチェス
・DIXIT
・どうぶつしょうぎ
・ニムト
・ハイパーロボット
・ハゲタカのえじき
・バトルシープ
・パンデミック
・ピクテル
・ふたつの街の物語
・ブロックヘッド
・ペンギンパーティ
・宝石のきらめき
・ボーナンザ
・リベリウム
特に、持ち込みゲームの名前がほとんど分からない…。

英語が話せないスタッフと、日本語が話せない留学生が一緒にゲームを楽しめるか心配していましたが、両方話せる留学生や参加者に協力してもらって、問題なく開催できました。言語依存度の低いゲームが多めですが、交渉が中心の「ボーナンザ」や、隣の人と協力して街をつくる「ふたつの街の物語」、イラストの描かれたカードにお題をつける「DIXIT」など、言葉を使うゲームも意外にできていました。ぜひまたやりたいですね。

CIMG1980
DIXIT。親がお題をつけて、他の人はそれにあったイラストのカードを選びます。

CIMG2009
コリドール。互いに対岸のゴールを目指します。白い駒は右側に行きたいのですが、壁で遮られて行き止まりになってしまいました。

CIMG2012
ふたつの街の物語。両隣の人と協力してそれぞれ2つの街づくりに参加します。

CIMG2020
ピクテル。透明なカードを重ねてお題を伝えます。写真は「ナポレオン」。馬に乗ってる様子だそうです。難しいね。


沢山のご参加ありがとうございました。
今週末はつくば駅前ゲーム会#13開催です。

こんばんは。
つくばテーブルゲーム交流協会のまさです。
カレンダーの赤い日の方がブログの訪問者が多くなることは、以前他のメンバーにも言われたことがあるような気がしますが、それを承知の上で休日は記事を書かないことにしてから3週間ほどたちました。休学中だと、平日より休日の方が予定が入りがちなのです。
生まれてからこのかた平日も休日も関係なく日々を過ごしてきたので、ここの3か月ほど、毎週水曜日か木曜日あたりにやってきていた「休暇」というものを、非常に新鮮に感じながら楽しく過ごしていました。アルバイトが決まったので、この休暇ともまたさらばかなというところですが、気持ちを切り替えてがんばろうじゃありませんか。あれ?なんでこんなこと書いているんだ。

さて、昨日は3連休の最終日でしたが、つくばテーブルゲーム交流協会では毎週月曜日の定例ミーティングを行いました。今週末開催のグロビ会(Grobal Board Game Party)の準備ということで、共催するOmochi Language Clubの方をお呼びして事前演習を行いました。(単にゲームで遊んだだけ。)
僕は日中筑波山でボランティアガイドをしてきたので遅れて参加。因みに、筑波山梅まつりは明日から開催ですが、現在ロウバイは満開を過ぎておりまして、紅梅はこれからが見頃、梅林の8割を占める白梅はまだほとんどつぼみという状況でした。

昨日遊んだゲームは、「Kyoto」「コードネーム」「お邪魔者」。僕が来る前に何をしていたのかは把握しておりません。英語話者と日本語話者が一緒にプレイできるかという観点で試遊をしていたはずなのですが、参加者はあまりその辺りを考えずにただ楽しんでしまった様子。コードネームは、その辺りがギリギリのラインじゃないかと思うのですが、Omochiの元代表さんが非常に楽しそうにしていたので、きっと問題ないはずです。

「Kyoto」は言葉が通じなくても同じテーブルで楽しめるゲームの代表格という感じで、僕が持参した「ペンギンパーティ」に関しては「今試しにやってみなくても、当日問題なくできることがわかりきっている」とスルーされてしまいました。あまりにルールが簡単なゲームです。

ゲームを思いっきり楽しんだ結果、ゲームが終わってから写真を撮っていないことに気がつきまして、僕がカメラを出した時にはテーブルはあらかた片付いてしまっていました。仕方がないのでゲーム後のテーブルの写真をUPします。

CIMG1973
コードネームを片付け中


ちょっと話があちこちに飛びすぎました。今日ほどとりとめなく、話題がそれた記事がいまだかつてあったでしょうか?
明日から気をつけます。

こんばんは。
つくばテーブルゲーム交流協会のまさです。
先ほど「つくばテーブルゲーム交流協会」でエゴサーチをしてみたところ、このブログが3つ目に現れました。上位2つは当会のFacebookとTwitterでした。以前は団体名で検索しても公式ブログが見つからない状態だったのですが、ついにGoogleにも公式ブログとして認識されたようです。

さて、今夜は来月の夜のゲーム&トークのご案内です。
来月も月初めの金曜日に開催です。
ここのところ、夜のゲーム&トークといいながら人狼しかやっていないような気がしますが、それは同時に非常に喜ばしいことでもあって、毎回人狼をプレイするだけの人数が集まっているということであります。

昨年夜のゲーム&トークの第1回を開催した際は、僕らの活動報告をしたりもしたのですが、最近はほとんどそういったこともしていないため、もしかしたら運営団体の「つくばテーブルゲーム交流協会」が何者か知らずに参加している方もいるかもしれません。まあ、楽しんで頂ければ問題はないのですけども…。
ゲーム&トークの「トーク」の部分には、「つくばにはボードゲームについて語り合えるような場所あまりないよね、もの好きが集まって語れる場所がってもよくない?」という思いが込められていたのですが、1年間活動を続けた結果、僕らの運営するイベントではいつでもいくらでもしゃべる時間があるわけでして、わざわざそのための時間を設ける必要はあまりないんだろうと思うようになりました。そういうわけで最近ではトーク系ゲームの「トーク」として理解されつつありますが、もしボードゲームに関して話したいことがあるという方がいたら、話をうけようじゃないかという心構えだけはいつもしておりますので、お気軽にお声掛けください。


そういうわけで、次回の夜のゲーム&トークのご案内です。
♞3/2(金)夜のゲーム&トーク#12
 会場:Tsukuba Place Lab
 時間:18:30~22:30
 参加費:500円(ワンドリンク付き)
 テーマ:今日はたのしい狼祭り
 申し込み不要・途中入退場可

いつもと変わらず、十分な人数が集まれば人狼ゲームをプレイ予定です。


夜のゲーム&トーク11


夜のゲーム&トークのイベントイメージにTTGAのロゴが追加されました。
人狼をプレイしたことのある人もない人も、たくさんの参加をお待ちしております。

こんばんは。
つくばテーブルゲーム交流協会代表のまさです。
今日2/8は何の日でしょうかとかいう、しょうもない件から記事を書き始めたいなと思いますけども、、Wikipediaによりますと郵便マークの日ということでして、郵便マーク(〒)が制定された日が2月8日だったらしいです。語呂合わせの好きな僕としては「(・∀・)ニヤニヤの日」でいいんじゃないかと思います。「どんなにニヤニヤしていても、誰にも変な顔されない」的な記念日はどうでしょうかね。僕は割と考えてることが顔に出る質で、面白いアイデアを思いつくと一人でニヤニヤしだしちゃうのです。別に変なことを考えてるわけではなくて、まじめに考えた末にアイデアを思いついているというところを友人たちには汲み取っていただきたいと心では思っております。

さて、そろそろ本題に入ります。
しろこま通信の今月分が完成しました。

しろこま通信vol13

2月、3月も全力でイベントを企画・運営していきます!
2月は3回、3月は4回の公開イベントを開催予定です。


2,3月のイベントスケジュール
♝2/17(土)グロビ会―日出づる処でオコゲ、日没する処でボドゲ―  Grobal Board Game Party
 会場:筑波大学グローバルビレッジ コミュニティステーション2階
 時間:10:00~20:00
 留学生・学生・地域住民みんなで集まって世界各国のボードゲームを楽しもう!
 参加費なし・申し込み不要・入退場自由
♜2/24(土)つくば駅前ゲーム会#13
 会場:筑波大学サテライトオフィス(Biviつくば2階)
 時間:10:30~20:30
 対象:子供からお年寄りまで、ゲームに初めて触れる人も
 参加費なし・申し込み不要・入退場自由
♞3/2(金)夜のゲーム&トーク#12
 会場:Tsukuba Place Lab
 時間:18:30~22:30
 参加費:500円(ワンドリンク付き)
 テーマ:今日はたのしい狼祭り
 申し込み不要・途中入退場可
♛3/10(土),11(日)
 亀足会#2@ふるさとつくばゆいまつり
 会場:つくば駅前広場
♚3/17(土)カスミでボードゲーム会
 会場:カスミ フードスクエア学園店2Fイートイン
 時間:13:00~16:00
♜3/24(土)つくば駅前ゲーム会#14
 会場:筑波大学サテライトオフィス(Biviつくば2階)


今月のゲームはキングドミノです。
前回の駅前ゲーム会では20点対50点で惨敗しましたが、もうそんな失敗は繰り返しません!月末までにはつわものの仲間入りをするぞう!

こんばんは。
まさです。
昨日に引き続き夜遅くの投稿になってしまいました。

今日はリアル人生すごろくなるものの体験に行ってきました。
金沢を本拠地として活動している「福祉KtoY」さんが作っているすごろくゲームです。福祉KtoYさんは、福祉をより身近に感じてもらおう、若者に福祉について興味を持ってもらおうと活動している学生グループということです。KtoYは3K(きつい・汚い・給料が安い)から3Y(やりがい・やさしさ・よろこび)にイメージチェンジをしていこうという思いが込められているそうです。筑波大学にも参加している学生がいて、今回はつくばでは2回目のワークショップとのことでした。

そんな福祉KtoYさんが作ったリアル人生すごろくは彼らの思いがめっちゃ詰まった作品。生まれてから老後までの日常で出会う様々な違和感を体験できるように工夫されています。大抵の人にとって赤ちゃんが泣いていることに気がつく方法はその泣き声によってじゃないかと僕は思うのですが、ファシリテーターをやっていた学生は声ではなく姿によって気がつくと話してくれました。彼には聴覚障害があります。また、小さいころ親に「テレビ見るなら、ちゃんと見なさい」と言われて、テレビの内容をメモにとって親に見せたら戸惑われたというエピソードも聞きました。親がいう「ちゃんと」は「(寝てみるのではなくて)ちゃんと座りなさい」という意味だったそうです。まだまだ開発途上にあるということで、今回はVRを使った車いすの移動体験もありました。
ワークショップの中で、プレイヤー同士で対話をしながら進めていくゲームということで、通常のボードゲームイベント的なところではなかなかお目にかかれそうもありませんが、ゲームが対話を引き出すツールとしてよく機能してるなと思った次第であります。自然と話が弾むのですよ。ボブ辞典のようなミッションマスもあったので、そのあたりはボードゲーマーの腕の見せ所です。

次回のワークショップは金沢で3/17,18に開催ということで、つくばに暮らす貧乏学生の僕にはちょっと行くのが難しいですが、今後おそらくつくばや東京でもまたイベントやるんじゃないかなと思うので、興味のある方はチェックしてみてください。
福祉ktoYのfacebookページはこちらから。

20180207_204400

それではおやすみなさい。

↑このページのトップヘ